スキンケアは今は小さなころからしている人もいますが、
ほとんどの場合中学生くらいの思春期からスキンケアを
始める人が多いという結果になっています。

中学生、高校生になると部活動や体育の授業、登下校で大人よりも
多く紫外線を浴びてしまいます。
ですから、日焼けをしないように女の子は特に肌が白くなる方法に
関心があるのではないでしょうか。

芸能人やアイドルには美白の方が多く、昔のようなガングロより
美白になりたいという中学生のほうが多いです。
流行り、時代によるものですね。

でも、紫外線の影響はあまりよくないので美白のほうが
肌の健康のためには良いと言えるでしょう。

■肌が白くなる方法にはどんなメリットがある?

肌が白くなる方法を中学生くらいから取り入れると、将来できる
シミ、シワを予防することができます。
紫外線対策、美白ケアはなるべく早いうちから始めたほうが
いいとされているんですよ。

しかし、中学生、高校生くらいではスキンケアにお金をあまり
かけられないという方が多いでしょう。

今回、こちらの記事では中学生からできる簡単な肌が白くなる方法
について紹介しています。
肌に透明感が欲しい、白くなりたいという中学生、高校生の
みなさんはぜひ参考にして、綺麗な肌を目指してみてください。

■肌が白くなる方法 中学生にもおすすめの簡単な方法

肌を白くするために大切なのは、肌のターンオーバーを
整えることです。
ターンオーバーが整うと肌を黒くする原因のメラニン色素が
代謝によって肌から排出されます。

正常なターンオーバーを行うためには成長ホルモンがきちんと
分泌されていなければなりません。
中学生はニキビ、肌荒れになりやすくターンオーバーを整える
ことは肌荒れ対策にも効果的です。

そこで、お風呂に入る時の温度、時間に着目しましょう。
お風呂の入り方次第で眠りを深くすることができ、しっかり
眠ると成長ホルモンがたくさん分泌されるようになります。

お風呂は眠る3時間以上前なら熱いお湯でもいいですが、寝る前に
入るお風呂ならぬるめの温度にし、神経を刺激しないようにしましょう。

お風呂に入ってリラックスするとターンオーバーを整える
効果があるので、お風呂の入り方に気を付けてみてください。

また、肌を白くする効果のあるビタミンC豊富なゆず、レモン、
蜜柑などをお風呂に入れたお風呂もおすすめですよ。

香りも良くなるのでよりリラックス効果が高まります。
ただ、フルーツをお風呂に入れたら肌がかゆくなるようなことがあれば
お風呂にフルーツをいれるのは避けるようにしてください。